• 本

「教える」ということ 日本を救う、〈尖った人〉を増やすには

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-04-108716-9
4-04-108716-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

目次

第1章 後輩たちに「社会を生き抜く武器」を与える
特別対談 久野信之×出口治明
第2章 根拠にもとづいて話す。選択肢を与える
特別対談 岡ノ谷一夫×出口治明
第3章 「尖った人」を生み出すための高等教育
特別対談 松岡亮二×出口治明
第4章 正しい「人間洞察」を前提にした社会人教育

おすすめコメント

私たちが遺すべきもの、次世代が学ぶべきこと 日本を救う「尖った人」を増やすには、どうしたらいいか。我々は何を、いつ、どのように後輩に継承するべきか。「教える」「教育」を切り口にして、日本の最重要課題に切り込む

著者紹介

出口 治明 (デグチ ハルアキ)  
1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。1972年、京都大学法学部を卒業後、日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の財務企画専門委員会初代委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年3月15日に東証マザーズに上場。2018年1月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)