• 本

図説東京の論点 小池都政を徹底検証する

出版社名 旬報社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-8451-1637-9
4-8451-1637-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 142P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

Society5.0、国家戦略特区、オリンピック、教育民営化、防災・治水、エネルギー、交通システム、軍事基地、豊洲市場、臨海副都心開発、カジノ誘致、都立病院独立行政法人化、住宅、福祉、若者雇用、貧困、ジェンダー…27のポイントから小池都政の4年間を検証!

目次

第1章 都政(小池都政の総合的検証―世界都市東京を進化させる東京版「Society5.0」
AIによる「Society5.0」をめざす未来東京 ほか)
第2章 教育(Society5.0に向けた教育「改革」
学校教育の民営化の進行 ほか)
第3章 まちづくり(「災害多発時代」の防災・減災を重視し、効果的な流域治水対策を進める
「脱化石」&「脱原発」をめざし、再エネの推進を図る ほか)
第4章 社会保障(都立病院の地方独立行政法人化は都民にとって有益か
東京の介護問題と国による介護費用抑制問題 ほか)

著者紹介

山本 由美 (ヤマモト ユミ)  
東京自治問題研究所理事長、和光大学教授。専門は教育行政学専攻。学校統廃合と小中一貫教育を考える全国ネットワークを主催
寺西 俊一 (テラニシ シュンイチ)  
一橋大学名誉教授、日本環境会議理事長。専門は環境経済学・環境政策論
安達 智則 (アダチ トモノリ)  
都留文科大学講師、東京自治問題研究所主任研究員、健和会医療福祉調査室室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)