• 本

ハーフの子供たち

角川新書 K−317

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-04-082187-0
4-04-082187-4
税込価格 1,056円
頁数・縦 293P 18cm

商品内容

要旨

日本人男性とフィリピン人女性とのあいだに生まれたハーフの子供たちの多様な生き方をたどる!独特の出自を持つ6人の日比ハーフへのインタビューを通じて、現在の日本社会での彼らの活躍と、国際結婚の内情、新しい家族の肖像までを描き出す出色ルポ。

目次

序章
第1章 キットカットの少女
第2章 モリンガ姉妹
第3章 孤独を友にする青年
第4章 雨を待つ女
第5章 微笑のボクサー
終章 六人のそれから…そして

出版社・メーカーコメント

違和感も希望も抱えて生きる――日本人男性とフィリピン人女性の“愛の結晶”たち。6人の半生と新しい家族の肖像を描く出色ルポ!『全裸監督』原作者、作!「八〇年代、アジア各国から日本に働きにやってくる女性たちは、ジャパゆきさんと呼ばれその多くが劣悪な環境で働かされた。日本人男性とのあいだに生まれた日比ハーフたちの多くは、貧困やネグレクトと無縁ではなかった。日本の男たちを虜にしてきたフィリピン人女性とのあいだに生まれた日比ハーフたちは、どんな生き方をしているのだろう。」(本文より)ロックシンガー、プロボクサー、夢追う若者……日本社会への適応を探り、独特の出自を生かしながら懸命に生きる6人の実像!

著者紹介

本橋 信宏 (モトハシ ノブヒロ)  
1956年埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。創造的かつ先鋭的な創作活動を続ける書き手。ノンフィクション・小説・エッセイ・評論等幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)