• 本

老鳥との暮らしかた 穏やかで安心な環境づくりから、リハビリ、メンタルケアまで

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-416-52096-3
4-416-52096-4
税込価格 1,760円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

『うちの鳥の老いじたく』実践編。愛鳥の豊かな老後のために、知っておいてほしいこと。

目次

1章 老鳥の体をあらためて知る―身体の機能が落ちるしくみ(鳥の体だって老化します
加齢により病気になりやすくもなる ほか)
2章 鳥の体、鳥の行動のどこを見る?―老化の対策は、まず気づくこと(老鳥の体調を「見る」とは?
老化や体の変化を確認する方法 ほか)
3章 鳥が求める暮らし、鳥に与える暮らし―適切な寄り添い、メンタルケアを(老鳥が飼い主に望むこと
老鳥への理解と、飼い主の義務 ほか)
4章 昔の暮らしを取り戻す―リハビリもその一助に(失われた力を取り戻すことは喜び
動物はリハビリの概念をもちません ほか)
5章 長生きさせる環境のつくりかた―必要なことをどう補完するか(目指す環境改善の方向性
より大事になる保温 ほか)

おすすめコメント

どんな愛鳥も避けられない老化。最期まで快適で幸せに過ごしてもらうための環境づくり、リハビリなど、知っておきたいケアの方法。

著者紹介

細川 博昭 (ホソカワ ヒロアキ)  
作家、サイエンスライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事を執筆。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)