• 本

浮世坂

祥伝社文庫 よ4−16 新・深川鞘番所 3

出版社名 祥伝社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-396-34633-1
4-396-34633-6
税込価格 726円
頁数・縦 286P 16cm

商品内容

要旨

深川に縄張りを持つ石場一家の賭場が荒らされた。客が巻き添えになり、三十三人もの死者を出したのだ。半月ほど前に、同じ深川で別の賭場が襲われていた。深川鞘番所支配の大滝錬蔵は、いずれの被害者にも、茶屋の主人が含まれていることに目をつけた。やがて、商売を強引に広げる佃島の水茶屋松浪屋が本性を露にして、錬蔵たち町方にまで牙を剥いた!

著者紹介

吉田 雄亮 (ヨシダ ユウスケ)  
1946年、佐賀県生まれ。雑誌編集者、フリーライターなどを経て2002年『修羅裁き 裏火盗罪科帖』で時代小説デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)