• 本

講談社文庫 や75−4

出版社名 講談社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-06-519665-6
4-06-519665-5
税込価格 836円
頁数・縦 373P 15cm

商品内容

要旨

森の中で独り生き抜いてきた野生児「虎」が村人に捕まり、少年に命を救われる。天草四郎と虎の出会いだった。当時、九州の島原と天草の切支丹に対する迫害は苛烈を極め、四郎の父親らは公儀への反抗を企てていた。他方、老中・松平信綱は、三代将軍・家光の治世に不安を抱き…。島原の乱を描いた快作!

おすすめコメント

一揆だったのか、宗教戦争だったのか──38000人もの民が虐殺された「島原の乱」。その裏と表がよくわかる、傑作歴史小説!

著者紹介

矢野 隆 (ヤノ タカシ)  
1976年福岡県生まれ。2008年『蛇衆』で第21回小説すばる新人賞を受賞。その後、『無頼無頼ッ!』『兇』『勝負!』など、ニューウェーブ時代小説と呼ばれる作品を手がける。また、『戦国BASARA3 伊達政宗の章』『NARUTO‐ナルト‐シカマル新伝』といった、ゲームやコミックのノベライズ作品も執筆して注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)