• 本

日本学ひろば88話

出版社名 コミニケ出版
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-903841-17-5
4-903841-17-0
税込価格 1,430円
頁数・縦 239P 21cm

商品内容

要旨

元気な喜寿の著者が、古希以降に執筆した平易な皇室論・人物論・文化論などの集大成。

目次

1 かんせいPLAZAより(「日本のソフトパワー」再発見
元正女帝も若返られた養老の「菊水」
立春水を献上してきた武儀の「森水」 ほか)
2 『月刊朝礼』日本学広場より(ベストを尽くす「箱根駅伝」声援
「親族を睦じくする事、大切なり」
「山の日」は有意義、八月十一日は無意味 ほか)
3 月刊『歴史研究』より(喜寿余話
巻頭随想)

著者紹介

所 功 (トコロ イサオ)  
昭和16年(1941)12月12日、岐阜県生まれ。昭和35年(1960)3月、大垣北高等学校卒業。昭和39年3月、名古屋大学文学部(国史学)卒業。昭和41年3月、同大学院修士課程(国史学)卒業。昭和61年9月、法学博士(慶応大学、日本法制史)。昭和41年(1966)度から9年間、皇學館大学文学部教員(助手・講師・助教授)。昭和50年度から6年間、文部省教科書調査官(社会科日本史)。53年度より現在、国書逸文研究会代表。昭和56年度から31年間、京都産業大学教授(教養部→法学部・法学研究科→日本文化研究所→法学部・法学研究科)。同年度から28年間、古代学協会古代学研究所(文献課)研究員。平成18年(2006)度から6年間、同志社大学大学院文学研究科兼任講師。平成24年度から現在、京都産業大学名誉教授・モラロジー研究所(令和2年春から客員)教授・麗澤大学客員教授・皇學館大学特別招聘教授など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)