• 本

マーケティング・リサーチに従事する人のためのデータ分析・解析法 多変量解析法と継時調査・時系列データの分析

出版社名 学文社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-7620-2986-8
4-7620-2986-6
税込価格 3,300円
頁数・縦 271P 22cm

商品内容

目次

第1部 データの基礎知識―質問・回答形式とデータ分析(測定(数量化)と尺度
データの種類
データセットの種類
調査票の設計とデータ分析)
第2部 相関と分散分析(相関
分散分析)
第3部 予測要因分析(予測要因分析とは
回帰分析
判別分析
コンジョイント分析)
第4部 構造分析(構造分析とは
主成分分析
因子分析
数量化3類とコレスポンデンス分析
クラスター分析
多次元尺度構成法(MDS))
第5部 継時調査と時系列データの分析(継時調査とは
官公庁統計調査の設計と時系列データの分析の実際
視聴率調査の設計と時系列データの分析の実際
テレビ広告とインターネット広告の相乗効果測定調査の設計と時系列
メディア・ミックス・キャンペーンの効果測定調査の設計と時系列データの分析の実際)

著者紹介

島崎 哲彦 (シマザキ アキヒコ)  
1946年神奈川県生まれ。1989年立教大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了。1997年博士(社会学)(立教大学)。1971年〜1996年旅行会社・調査会社勤務、調査会社代表取締役社長。1996年〜2016年東洋大学社会学部助教授・教授、東洋大学大学院社会学研究科客員教授。現在、日本大学大学院新聞学研究科非常勤講師。専門社会調査士。(一社)日本マーケティング・リサーチ協会元理事、公的統計基盤整備委員会元委員長・現顧問、HRマネジメント委員会教育分科会顧問、ISO/TC225国内委員会座長
中山 厚穂 (ナカヤマ アツホ)  
1978年埼玉県生まれ。2006年立教大学大学院社会学研究科応用社会学専攻博士課程後期課程単位取得退学、博士(社会学)(立教大学)。2006年〜2009年立教大学経営学部助手、助教。2009年〜2010年長崎大学経済学部准教授(〜2010年9月まで)。現在、首都大学東京大学院経営学研究科准教授。専門社会調査士。(一社)日本マーケティング・リサーチ協会公的統計基盤整備委員会委員長、HRマネジメント委員会教育分科会委員
大竹 延幸 (オオタケ ノブユキ)  
1955年神奈川県生まれ。1999年立教大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了、社会学修士。1978年〜1988年繊維会社勤務。1988年〜(株)マーケッティング・サービス入社。現在、(株)マーケッティング・サービス代表取締役社長。東洋大学社会学部非常勤講師。明星大学人文学部非常勤講師。専門社会調査士、専門統計調査士。(一社)日本マーケティング・リサーチ協会元理事、HRマネジメント委員会教育分科会顧問
鈴木 芳雄 (スズキ ヨシオ)  
1955年東京都生まれ。1979年早稲田大学文学部卒業。1979年〜2018年(株)ビデオリサーチ勤務、取締役、顧問。現在、(一社)日本マーケティング・リサーチ協会元専務理事、HRマネジメント委員会教育分科会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)