• 本

証言ノムさんの人間学 弱者が強者になるために教えられたこと

出版社名 宝島社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-299-00483-3
4-299-00483-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

古田、宮本、高津ら16人が明かす、人生の達人野村克也の素顔・秘話・名言。

目次

第1章 ノムラの教え(証言 古田敦也「豊富な知識はピンチを救う。最善を見つけ行動すれば、結果は変わる」
証言 宮本慎也「ストンと腑に落ちた言葉は『努力に即効性はない』でした」
証言 山〓武司「評価は自分でしちゃいけないってことは本当だって気がした」
証言 高津臣吾「だいたいは『こんなことできないよ』ってところからスタートしますよね」 )
第2章 教えを引き継ぐ(証言 稲葉篤紀「備えあれば憂いなし―。今でも続けています」
証言 土橋勝征「一番は『正しい努力』。間違った練習は何の役にも立たない」
証言 飯田哲也「野村さんは『勝負をかけるときは自分の考えを出せ』と」
証言 伊藤智仁「漠然と思っていたことを文字にされると、もう一度納得できる」)
第3章 野村再生工場(証言 田畑一也「野村さんは長所を伸ばすんじゃなくて、“短所を伸ばす”」
証言 鉄平「僕にとっては『始まりの人』。監督の教えからすべてが始まっています」
証言 遠山奨志「『ナイスピッチング』っていう一言。それだけでうれしかった。仕事をやったなって感じ」)
第4章 名将への想い(証言 川崎憲次郎「今思うのは、『もっと素直に聞いておけばよかったな』です」
証言 赤星憲広「ボソッと『読み勝ちだな』と。最高の褒め言葉です」
証言 谷繁元信「野村さんの教えの根本は、精神的に人を成長させること」
証言 江本孟紀「ノムさんの本当の姿を残したい。南海時代の『野村克也』を知ってほしい」)
第5章 偉大なる父(証言 野村克則「よく言っていたのは、人生のことについて。『人生ってどう読むんだ』って」)

おすすめコメント

2020年2月11日に永眠した野村克也氏の生き様、思考を“弟子”たちが告白するオムニバス証言集。球史に残る偉大な野球人の知られざる人間哲学、思考の秘密とは? 選手として、人間として野村氏から何を学んだのか。決して一流とは言えない人間が一流に勝つためには何が必要なのか。挫折した人間が再生するためにどう思考を変えるべきなのか。秘話満載の完全保存版。