• 本

警視庁SM班 2

モンスター

角川文庫 と24−5

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-04-107651-4
4-04-107651-X
税込価格 968円
頁数・縦 456P 15cm
シリーズ名 警視庁SM班

商品内容

要旨

警視庁捜査一課に新設された寄せ集めのチーム、通称SM班。彼らの活躍によって、人体パーツ販売事件は解決した―はずだった。だが、班員のあおいが知り合った女子高生に加え、事件の参考人の牛島典子が相次いで姿を消し、班長の薬寺まで失踪してしまう。その裏には、快楽殺人犯の所業を引き継ぎ、己の欲望を満たそうとする者の存在が!?班長の危機に、チームの面々は再び事件を追い始める。大好評のシリーズ第2弾!

おすすめコメント

快楽殺人犯の意志を継ぐ者が現れた!? 異色チームの警察シリーズ第2弾!若い女性の人体パーツ販売の犯人は逮捕された。だが事件に関係した女性たちが謎の失踪を遂げ、さらに班長の薬寺までもが消えてしまう。まだあの事件は終わっていないというのか? 凸凹チームが再出動する!

著者紹介

富樫 倫太郎 (トガシ リンタロウ)  
1961年、北海道生まれ。98年『修羅の跫』で第4回歴史群像大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)