• 本

銀翼の死角

角川文庫 あ77−7 警視庁文書捜査官

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-04-109309-2
4-04-109309-0
税込価格 748円
頁数・縦 352P 15cm

商品内容

要旨

新千歳発羽田行きの飛行機で右翼団体によるハイジャックが発生。重病人を含めた380名余の乗員乗客が人質となり、犯人の永尾は4つの要求を突きつけてくる。SITが交渉を始めるが、永尾は要求が叶うまで「ウミガメのスープ」なる推理ゲームに付き合うよう求める。だがその内容は難解かつ理不尽で、失敗のペナルティーとして乗客が刺されてしまう。理沙たち文書解読班は出動要請を受け、ゲームの正解と犯人の心理を探るが!?

おすすめコメント

不可解なゲームからハイジャック犯の心理を暴け。人気警察シリーズ第7弾!札幌から羽田へ向かうフライトでハイジャックが発生!SITが交渉を始めるが、犯人はなぜか謎解きゲームを仕掛けてくる。理沙たち文書解読班は理不尽なゲームに正答し、人質を解放することができるのか!?

著者紹介

麻見 和史 (アサミ カズシ)  
1965年千葉県生まれ。2006年『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)