• 本

青森ねぶた殺人事件

角川文庫 に4−112

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-04-109575-1
4-04-109575-1
税込価格 704円
頁数・縦 268P 15cm

商品内容

要旨

亀戸の町工場に、修理のために青森から届いた大太鼓の中に、若い女性の絞殺体が入っていた。十津川警部は、青森県警から犯人を捕まえたと連絡を受け、亀井刑事とともに現地に赴くが、沢田の送検に疑問を持つ。死体遺棄は認めているものの、殺人については否認していたのだ。公判が始まり、弁護士が「殺人犯は別にいる」と追及する。そんな中、ねぶた祭りの夜に、第3の殺人が起きる。殺人犯の不可解な動機の解明に十津川が挑む!!

おすすめコメント

大太鼓の中から若い女性の遺体が発見された!青森県警が逮捕した容疑者に、十津川警部は疑問を持つ。本当に彼が殺したのだろうか……。公判の審理が難航しているとき、第三の殺人事件がねぶた祭りの夜に起こった! すべてを操る犯人に十津川が迫る!

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞受賞。2004年、第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。19年「十津川警部」シリーズで第4回吉川英治文庫賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)