• 本

ナチスが恐れた義足の女スパイ 伝説の諜報部員ヴァージニア・ホール

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-12-005307-8
4-12-005307-5
税込価格 2,970円
頁数・縦 386P 20cm

商品内容

要旨

イギリス特殊作戦執行部(SOE)やアメリカCIAの前身OSSの特殊工作員として単身でナチス統治下のフランスに潜入、第二次世界大戦を勝利に導いた敏腕スパイの実録。

目次


機は熟せり
私のふしだらな友人たち
ディンディにさようなら
一二分、一二人
スパイたちの伏魔殿
非情の山
最重要指名手配エージェント
雪辱
山々の聖母マリア
頭上の天空から
CIAでの歳月

おすすめコメント

イギリス特殊作戦執行部 (SOE)やアメリカCIA の前身OSSの特殊工作員としてナチス統治下のフランスに単身で潜入、仲間の脱獄や破壊工作に従事、レジスタンスからも信頼され、第二次世界大戦を勝利に導いた知られざる女性スパイの活躍を描く実話。

著者紹介

パーネル,ソニア (パーネル,ソニア)   Purnell,Sonia
エコノミスト、テレグラフ、サンデー・タイムズで勤務の後、伝記作家兼ジャーナリストとなる。デビュー作、イギリス首相ボリス・ジョンソンを描いた『Just Boris:A Tale of Blond Ambition』(2011)でオーウェル賞候補、次作チャーチルの妻クレメンティーヌの伝記『Clementine:The Life of Mrs.Winston Churchill』(2015)は、テレグラフ・アンド・インディペンデントの今年の本とプルタルコス賞に選ばれた
並木 均 (ナミキ ヒトシ)  
1963年、新潟県上越市生まれ。中央大学法学部卒。公安調査庁、内閣情報調査室に30年間奉職したのち、2017に退職、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)