• 本

人工知能に未来を託せますか? 誕生と変遷から考える

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-00-061414-6
4-00-061414-2
税込価格 2,750円
頁数・縦 228P 19cm

商品内容

要旨

未来は人工知能(AI)にお任せ?今の情報社会への違和感を訴える著者は、人間の知能の研究者、新技術を開発する技術者、技術や思想を通じて世の中を変革しようとする事業家の顔をもつ。そもそもAIの誕生・開発に携わった人たちは、どんな思いを込めたのか?AIの課題や問題点、可能性を考え、未来の社会のありようを論じる。

目次

序章 何かがおかしい 研究者・技術者としての違和感
1 人工知能の誕生―文明と共に生まれたその萌芽
2 人工知能と社会の進化―情報通信技術と共に変遷する社会
3 人工知能と場―統計とネットワークが奪ったものと未来への希望
4 心の解読と、身体性に基づく情報科学の未来
5 人工知能に未来を託せますか?

出版社・メーカーコメント

未来は人工知能(AI)にお任せ? 今の情報社会への違和感を訴える著者は、人間の知能の研究者、新技術を開発する技術者、技術や思想を通じて世の中を変革しようとする事業家の顔をもつ。そもそもAIの誕生・開発に携わった人たちは、どんな思いを込めたのか? AIの課題や問題点、可能性を考え、未来の社会のありようを論じる。

著者紹介

松田 雄馬 (マツダ ユウマ)  
1982年生まれ、大阪出身。博士(工学)。京都大学大学院修了。NEC中央研究所員としてのMITメディアラボ・ハチソン香港・東京大学との共同研究を経て、東北大学とのブレインウェア(脳型コンピュータ)に関する共同研究プロジェクトにおける基礎研究・社会実装で博士号取得。独立して合同会社アイキュベータを設立、現在、共同代表。一橋大学大学院非常勤講師。AI/IoTを中心に研究開発と情報発信を行う。情報処理学会優秀論文賞、最優秀プレゼンテーション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)