• 本

昨日壊れはじめた世界で

出版社名 新潮社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-10-353331-3
4-10-353331-5
税込価格 1,925円
頁数・縦 270P 20cm

商品内容

要旨

「実は、世界は、もう壊れはじめているんだ」幼馴染の翔子と再会した書店店主・大介は、すっかり忘れていた小学校時代の出来事を思い出す。同級生四人と忍び込んだ、町で一番高いマンションの最上階。そこにいた不思議な男は、世界の終わりを予言した。その真意を確かめたくなった大介と翔子は、三十年前の記憶をたどりながら再びマンションを訪れるが、男がマンションから飛び降りたという噂を耳にして…。大人になった俺たちは、世界を、自らを、救うことはできるのか。同級生との再会で呼び覚まされた、三十年前に出会った不思議な男の記憶。「ひび割れた世界」に生きる人々のかすかな希望を力強く描く連作短篇集。

おすすめコメント

小学校時代に忍び込んだマンションの最上階で出会った預言者のような男。三十年の時を経て書店店主となった大介は、男を探し始める。

著者紹介

香月 夕花 (カツキ ユカ)  
1973年、大阪府出身。京都大学工学部卒業。2013年「水に立つ人」で第93回オール讀物新人賞を受賞。’16年、受賞作を含む短編集『水に立つ人』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)