• 本

迷子のままで

出版社名 新潮社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-10-395705-8
4-10-395705-0
税込価格 1,375円
頁数・縦 155P 20cm

商品内容

要旨

津波で失われたはずの手帳。行方不明のまま永い時を経た少年からの伝言。そこからは強いメッセージが発信されていた。騙されるということ自体が一つの悪なのだ。やられっ放しで判断力を失う前にやれることがある。僕たちはもう迷子のままではいられない。やけに心に沁みる、再生の歌ふたつ。

おすすめコメント

騙され苛まれ、そして諦める――そんな繰返しを自分に許してはいけない。騙されることこそ罪なのだ! 心に沁みる二つの中編小説。

著者紹介

天童 荒太 (テンドウ アラタ)  
1960年、愛媛県松山市生まれ。1986年『白の家族』で野性時代新人文学賞を受賞して文壇デビュー。1993年『孤独の歌声』で日本推理サスペンス大賞優秀作、1996年『家族狩り』で山本周五郎賞、2000年『永遠の仔』で日本推理作家協会賞、また2009年には『悼む人』で直木賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)