• 本

絶対失敗しない!ロボット1000体を導入してわかったRPA成功の秘訣

出版社名 秀和システム
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-7980-6172-6
4-7980-6172-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 183P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

7人で始めたプロジェクトはなぜ、日本有数の大企業で月間30000時間工数を削減できたのか?貴社にもできる「RPA自走集団」の作り方!巻末特別資料「お勧めRPAツール選定フローチャート」を収録!RPA導入プロジェクトを成功させる資料はダウンロードサービス!

目次

1 RPAの現状
2 RPA導入時によくある悩み
3 RPA導入判断
4 RPA推進体制「RPA自走集団」の作り方
5 BPRを考慮した本格導入のRPA設計
6 AIと連携する今後のRPA
7 まとめ RPA導入成功の秘訣
巻末特別資料

著者紹介

清水 亮 (シミズ リョウ)  
大学卒業後、日本電信電話株式会社に入社。その後ソフトバンクコマース(当時)へ転職。ソフトバンクグループ会社統合を経て、ソフトバンク株式会社カスタマーケアオペレーション本部営業推進統括部統括部長(現職)として全国約3,500店舗のソフトバンクおよびワイモバイルショップの店頭システムの企画・設計を行う。また、所属組織のコールセンターにおけるRPA導入/推進業務に従事。SBモバイルサービス事業開発本部長を兼務し、RPA推進および販売を行う
枡田 健吾 (マスダ ケンゴ)  
大学卒業後、イー・アクセス株式会社へ入社。EMOBILEブランドの携帯電話事業立ち上げに参画。2013年1月経営統合によりソフトバンク株式会社へ入社。同社においてコンシューマ部門のシステム企画部門を経て、2018年3月より所属本部のRPA推進責任者としてRPA導入・運用を担当。2018年11月、同子会社のSBモバイルサービス株式会社へ兼務出向を行い、RPAのノウハウを導入支援・研修サービスとして販売する新事業の立ち上げを行う
近江 幸吉 (オウミ コウキチ)  
大学卒業後、(旧)ソフトバンクBB株式会社に入社。約9年間、家電量販店の最前線でブロードバンドやスマホ普及業務に従事。その後、社内業務に軸足を移して、主に店頭販売クルーが利用するシステム中心に運用・企画に携わる。社内業務で得たプログラミングや自動化の知見を活かしRPA事業に参画
石毛 博之 (イシゲ ヒロユキ)  
大学卒業後、ソフトバンク株式会社に入社。カスタマーセンターにてスマートフォン及びブロードバンドのお客様対応、オペレーション管理業務に従事。その後、ブロードバンドの営業支援部署にて実績レポート作成や販売支援企画推進の経験を経て、RPA事業の推進に参画。現在は、子会社のSBモバイルサービス株式会社にてWinActorをはじめとするRPAツールに関する外部向け研修サービスの拡販などを実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)