• 本

五年後に

出版社名 双葉社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-575-24281-2
4-575-24281-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 221P 20cm

商品内容

要旨

夫のかつての教え子。彼女は、夫の最期の吐息も血も体温も奪っていった―。元中学国語教師、渾身のデビュー作!第40回小説推理新人賞受賞作。

おすすめコメント

中学教師の華に一人の女子生徒が言う。男性教師に告白したが、返ってきた言葉は「五年後に言うてくれたら嬉しいのに」だったと。それは、のちに華の夫が命を落とすきっかけとなった言葉でもあった。人間のささやかな悪意、不器用さ、弱さなどを、元中学教師である著者が教師を主人公に描く。第40回小説推理新人賞受賞作家のデビュー短編集。

著者紹介

咲沢 くれは (サキサワ クレハ)  
1965年大阪府生まれ。立命館大学二部文学部卒業。生命保険会社に勤務後、中学教師を11年間務めたのち退職。2018年、「五年後に」が第40回小説推理新人賞を受賞(受賞時の筆名は松沢くれは)。受賞作を収録した『五年後に』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)