• 本

文学の環境を探る

フィールド科学の入口

出版社名 玉川大学出版部
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-472-18207-5
4-472-18207-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 196P 21cm

商品内容

要旨

文学テクストをフィールドから読みなおしながら接近する。

目次

1部 「環境人文学」とは
2部(エコクリティシズムの舞踏 環境文学というフィールドで
アウシュヴィッツのあとに『ニッポニアニッポン』を読むこと 欧州から佐渡島にいたる文学と動物のフィールドワーク)
3部(凡庸なる風景―反トポス的なフィールドワークのために
生ある未来に向け、パースペクティヴを往還せよ
交感論の展開と現在の視座 「他者」と「近代」へのまなざし
被爆体験の継承のかたち カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を手がかりに
“災害文学史”の構築をめざして“環境文学”論の道程)

おすすめコメント

人文学研究を環境に視点をおいて再編しようとする「環境人文学」を柱に、フィールドワークとはかかわりがないように思える文学研究を8人の研究者が語る。エコクリティシズム、風景、旅、動物、災害文学、石牟礼道子『苦海浄土』などをキーワードに、フィールドワークによって文学を読み解き、時代の問題を浮き彫りにしてゆく。

著者紹介

野田 研一 (ノダ ケンイチ)  
専門はアメリカ文学、環境文学。立教大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)