• 本

ちょっとフレンチなおうち仕事

正しく暮らすシリーズ

出版社名 ワニブックス
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-8470-9920-5
4-8470-9920-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 175P 19cm

商品内容

要旨

「伝説の家政婦」シマさん初の暮らし本!家は築60年、古民家。2つだけのコンロ、狭いキッチンだからこそラク!ラクしたい日こそフランス料理!シマさん家の家事フロー。

目次

1章 日本の古民家でちょっとフレンチな暮らし(築60年の一軒家を5万7千円で賃貸中
ボロボロすぎて、DIY好きの夫も反対するほど ほか)
2章 料理をおいしくするシンプルな道具と段取り力(道具は多種多様に持たないことが料理上手への早道です
菜箸ほど、なんにでも使える、万能な道具はありません ほか)
3章 ラクしたいときこそ、フランス料理!35文字でわかる、10の格言(どうして、フランス料理はラクなのか?
格言1 フレンチの味付けは、基本、塩。だから、わかりやすくて、料理がラク! ほか)
4章 “ちょっとフレンチ”な考え方で心が軽くなる子育て&家仕事(焦らずのんびり。楽しく待って、楽しく食べるのがフランス流
大人も子どもも同じものを食べることが、フランス式の食育 ほか)

出版社・メーカーコメント

伝説の家政婦・志麻さんの「暮らしのコツ」が満載!初のライフスタイル本!テレビで大人気の「伝説の家政婦」のおうちは…築60年の古民家!コンロは2口だけ、調理スペースは狭小(50p×50pのみ)。よく使う鍋は、重ねられるタイプの4つ鍋ばかり…?家庭では2児の母であり(撮影当時、11か月と2歳!)、夫は15歳年下のフランス人。志麻さんこだわりの「狭いからこそ始末がよい台所」の仕組みや、料理をおいしくするシンプルな調理道具を初公開。また、レシピより“感覚”を研ぎ澄ませる「35文字で覚えるフレンチ」など、どのおうちにもフィットする暮らしのコツが満載です。志麻さんが、なぜ、どんな家庭の台所でも「美味しい」を生み出せるのか??、写真満載で分かりやすく紹介した1冊。

著者紹介

タサン 志麻 (タサン シマ)  
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランでの研修を経て帰国。老舗フレンチレストランなどに15年勤務。2015年にフリーランスの家政婦として独立。各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映され、年間最高視聴率を記録。料理イベント・セミナーの講師や、食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中。著書多数。フランス料理やフランス人を通じて学んだ家族の食卓の温かさを、忙しい日本の家族に届けたい一心で、日々、料理と向き合っている。フランス人の夫、2人の息子と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)