• 本

ならず者国家・習近平中国の自滅が始まった! 2021年中国の真実

WAC BUNKO B−320

出版社名 ワック
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-89831-820-1
4-89831-820-7
税込価格 990円
頁数・縦 220P 18cm

商品内容

要旨

習近平は、コロナウイルスを世界に撒き散らし失脚!武漢ウイルス後の中国はこうなる!

目次

はじめに コロナ災禍と文明の黄昏(宮崎正弘)
第1章 「武漢ウイルス」は人災・疫病神―「習近平王朝」崩壊
第2章 中国経済は大破綻へ向かう
第3章 中国に降って来た「悪夢」
第4章 武漢ウイルスより怖い未曾有の大惨事が勃発する
おわりに ならず者国家・中国の哀れな姿(石平)

著者紹介

宮崎 正弘 (ミヤザキ マサヒロ)  
評論家。1946年、石川県金沢市生まれ。早稲田大学中退。『日本学生新聞』編集長、月刊『浪漫』企画室長などを経て貿易会社を経営。1982年、『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ。以後、世界経済の裏側やワシントン、北京の内幕を描き、話題作を次々に発表している
石 平 (セキ ヘイ)  
評論家。1962年、中国四川省成都生まれ。北京大学哲学部卒業。四川大学哲学部講師を経て、1988年に来日。1995年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務ののち、評論活動へ。2007年、日本に帰化する。著書に『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書、第23回山本七平賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)