• 本

植栽による択伐林で日本の森林改善 樹冠の働きと量から考える

出版社名 築地書館
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-8067-1601-3
4-8067-1601-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 165P 19cm

商品内容

目次

1 木材生産と環境保全の歴史と現状(天然林の利用
皆伐林と脱伐林の成立
皆伐林の増加と環境保全対策
森林の現状とその問題点への対策)
2 樹冠からみた皆伐林とヨーロッパ方式の択伐林の比較(基礎資料とした林分構造図について
樹冠の大きさと空間占有状態および量の差異
木材生産機能の優劣
環境保全機能の優劣
森林経営上の得失)
3 森林の改善策(皆伐林とヨーロッパ方式の択伐林の総括
森林改善における基本方針と森林区分の見直し
択伐林導入の方法と効果
経費負担と支援体制)

著者紹介

梶原 幹弘 (カジハラ ミキヒロ)  
1933年に高知市で生まれる。京都大学大学院農学研究科林学専攻博士課程を修了。京都大学農学博士。京都大学の農学部助手、京都府立大学の農学部講師・助教授・教授を経て、同大学の名誉教授。専門は林木の計測・成長と森林の施業で、1992年に第1回森林計画学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)