• 本

新・巨乳バカ一代 アイドル帝国を築き上げた野田義治の手腕と男気

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-309-02889-7
4-309-02889-6
税込価格 1,980円
頁数・縦 403P 19cm

商品内容

要旨

イエローキャブで男たちを熱狂させた男、昭和、平成、令和を駆け抜けてきた巨乳マイスターの失意と絶頂。かとうれいこ・細川ふみえ・雛形あきこ・山田まりや・佐藤江梨子・小池栄子・MEGUMI・根本はるみたちとの出会いと別れ。

目次

第1部 巨乳マイスター誕生編(野田義治、堀江しのぶを語る
胸が顔なんだよ!
野田と村西の奇妙な友情
イエローキャブ野田義治の進撃)
第2部 野田義治星雲編(荒ぶる少年
不夜城で生き延びる術
芸能界という異界)
第3部 野田を支えた影のマネージャー編(舞台裏の男女
スマホ時代の新しいマネージャー論
芸能ジャーナリズムの最前線
巨乳マイスターを支えた2人のカメラマン
山岸伸との出会い)
第4部 野田義治の再来編(妄想とエロス
芸能界の男と女
マイナスからの再出発
潰えない夢)

おすすめコメント

昭和から平成にかけて、多くのグラビアアイドルを輩出してきたイエローキャブ。その創業者である野田義治と芸能の世界の裏側を、「全裸監督」で一躍注目を集める本橋信宏が描く一冊。

著者紹介

本橋 信宏 (モトハシ ノブヒロ)  
1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)