• 本

インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向

出版社名 青林堂
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-7926-0677-0
4-7926-0677-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 218P 19cm

商品内容

要旨

コロナ対策から安倍政権下で創設された国家安全保障会議、そして欧米における近現代史見直しの動向を踏まえながら、インテリジェンスとは何かを問う!新型コロナ対策が後手後手になったのはなぜか。日本の国家戦略の司令塔「国家安全保障会議」とはいかなる組織か、ソ連に占領されたバルト三国、ポーランドの悲劇とは、トランプ政権はなぜ減税と規制緩和、そして軍拡をするのか。

目次

第1章 インテリジェンス機関設立の背景
第2章 スパイ防止法に基づいて弾圧されたバルト三国
第3章 同盟国を盲信するな―ポーランドの悲劇
第4章 ソ連の人権侵害と戦争責任を追及するヨーロッパ
第5章 国際共産主義と闘い続けた日本
第6章 インテリジェンスを国策に生かす仕組み
第7章 新型コロナ対策が後手後手になったのはなぜか
第8章 自主独立を尊ぶ保守自由主義
第9章 インテリジェンスを支える富国強兵

おすすめコメント

インテリジェンは日本をどう変えることができるのか?共産主義革命を画策し、メディア、教育、労働運動に浸透するコミンテルンの脅威とは?今回の新型コロナウイルスが世界に与える影響を分析!