• 本

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

新潮文庫 か−84−2

出版社名 新潮社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-10-121512-9
4-10-121512-X
税込価格 649円
頁数・縦 278P 16cm

商品内容

要旨

鳥類学者、それは神に選ばれし存在である。スマートな頭脳に加え、過酷なフィールドについでも出張できる体力が必要なのだから。かわいいメグロからの採血。噴火する孤島への上陸。ある日は吸血カラスの存在に驚き、ある夜は蛾の襲来に震え…。美女たちよ、わたしに近づくな。やけどするぜ。生き物を愛する人にも、そうでもない人にも、絶対に楽しめる、汗と笑いの自然科学エッセイ。

目次

第1章 鳥類学者には、絶海の孤島がよく似合う
第2章 鳥類学者、絶海の孤島で死にそうになる
第3章 鳥類学者は、偏愛する
第4章 鳥類学者、かく考えり
第5章 鳥類学者、何をか恐れん
第6章 鳥類学者にだって、語りたくない夜もある
特別収録 西之島・淤能碁呂絵巻

著者紹介

川上 和人 (カワカミ カズト)  
1973(昭和48)年大阪府生れ。農学博士。国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所主任研究員。東京大学農学部林学科卒、同大学院農学生命科学研究科中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)