• 本

分析哲学これからとこれまで

けいそうブックス

出版社名 勁草書房
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-326-15466-1
4-326-15466-7
税込価格 2,750円
頁数・縦 293,9P 20cm

商品内容

要旨

哲学とは何か。分析哲学とは何か。そして、哲学はどこへ向かうのか。一般向けに書かれたエッセイを、著者本人の構成によって収録。哲学という営みを深く捉える強靱な思索を示す。

目次

序論 哲学の未来のために
1 分析哲学とは何か?(哲学と「哲学の言葉」
分析哲学としての哲学/哲学としての分析哲学 ほか)
2 フレーゲとウィトゲンシュタイン(フレーゲ
論理の言語と言語の論理 ほか)
3 真理・様相・意味(真理
論理学におけるモダリティ ほか)
4 日本における分析哲学(哲学言語を作る―近代日本の経験から
近代日本における科学と哲学 ほか)

著者紹介

飯田 隆 (イイダ タカシ)  
1948年札幌市に生まれる。1978年東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。現在、慶應義塾大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)