• 本

鴨川食堂もてなし

小学館文庫 か38−8

出版社名 小学館
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-09-406776-7
4-09-406776-0
税込価格 715円
頁数・縦 346P 15cm

商品内容

要旨

料理雑誌に掲載されている、「食捜します」の一行広告。食にまつわる心に秘めた想いを胸に、依頼人がたどり着くのは、京都にある看板のない食堂。店主の鴨川流と娘のこいしが、再現された思い出の料理で温かく迎えます。認知症の父が母と一緒に食べたというビフテキ、幼馴染みの母親が作ってくれた春巻、後悔が詰まったチキンライス、亡き夫が食べたがっていた五目焼きそば、料理人を目指す原点になったハムカツ、料理をしない父がめずらしく作ってくれたちらし寿し…。悩むことがあれば、ぜひ当店へお越しください。京都発、大人気美味しいミステリー第七弾!

出版社・メーカーコメント

"ドラマ化された美味しいミステリー最新作! 京都にある看板のない食堂には、思い出の料理を捜し求め、悩める人々が数多く訪れる。食堂の主人・鴨川流と娘のこいしが、今回も温もりあふれる接客と料理でもてなします。・第一話 ビフテキ……認知症の父が交わした約束 ・第二話 春巻……身勝手で淡い思い出 ・第三話 チキンライス……おばちゃんに謝りたい ・第四話 五目焼きそば……あの頃に戻れたら ・第五話 ハムカツ……料理人の原点 ・第六話 ちらし寿し……親の心子知らず ・第7巻となる今作では、流と深い関わりのある “あの人""との過去も明らかに!?ますますボリュームアップした料理の数々に癒やされてください。"

著者紹介

柏井 壽 (カシワイ ヒサシ)  
京都生まれの京都育ち。テレビ番組や雑誌の京都特集で監修をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)