• 本

勝ちたければ歴史に学べ 野村克也、知の野球史

小学館文庫 の3−6

出版社名 小学館
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-09-406780-4
4-09-406780-9
税込価格 792円
頁数・縦 312P 15cm

商品内容

要旨

ベーブ・ルースらメジャーリーグ選抜が来日し、全日本軍と戦った翌一九三五年、初の職業野球チーム「大日本東京野球倶楽部」が発足。その年、野村克也氏は生を受けた。「私の人生は、日本プロ野球の歴史にほぼ重なる。プロ野球で起こったさまざまな出来事について、記憶と記録を残しておくことは、私の責務である」。名選手、名勝負の裏エピソードはもちろん、ドラフト、野球選手とお金、マスコミとの関係、野村スコープ誕生、永久欠番など、グラウンド外での野村氏の持論も満載。『野村ノート』と合わせて読みたい、「学べる日本プロ野球史」。

目次

第1章 巨人こそがプロ野球だった(沢村栄治なかりせば、私もいない
私は大の巨人ファンだった
クビなら南海電車に飛び込みます!
ONが打つなら、おれも打つ
『ドジャースの戦法』と円城寺事件)
第2章 闘った!見た!考えた!(名監督の変遷
「夢の球宴」を取り戻せ
日本シリーズにふさわしい勝負とは
走塁のセオリー
助っ人外国人は必要か?
完全試合はなぜ減ったのか
日本人メジャーリーガー論)
第3章 チェンジアップをもう一球(野球=お金
名選手必ずしも名解説者にあらず
野球界はメディアとどう付き合ってきたか
永久欠番になりたければおれを抜け)
第4章 プロ野球の歴史を変えた出来事(「黒い霧事件」が残したもの
ドラフトの裏面史
FA制度は是か非か
球界再編と史上初のストライキ)
第5章 21世紀の、そして未来のプロ野球へ(野球レベルの低下とトリプルスリーの関係
二刀流は是か非か
「真のワールドシリーズ」を開催せよ)
おわりに プロフェッショナルとは何か

出版社・メーカーコメント

野村克也しか書けない「学べるプロ野球史」 ベーブ・ルースやルー・ゲーリックを中心とするメジャーリーグ選抜が来日し、全日本軍と戦い、沢村栄治が快投を見せた翌1935年、職業野球チーム「大日本東京野球倶楽部」が発足した。日本プロ野球の誕生である。 その1935年は、野村克也氏誕生の年でもある。 「私の人生は、日本プロ野球の歴史にほぼ重なる。ということはつまり、プロ野球界で起こった出来事の大部分を、当事者として体験、あるいはこの目と耳で見聞きしてきたといっても過言ではない。プロ野球で起こったさまざまな出来事について、記憶と記録を残しておくことは、私の責務である」(「はじめに」より) 沢村栄治から、ON,イチロー、大谷翔平ら歴代の名選手や日本シリーズ、オールスターゲームの裏エピソードと、ドラフト、FA制度の問題点、野球選手とお金の関係、マスコミとの付き合い方、野村スコープ誕生秘話、日本人メジャーリーガー論などグラウンド外での野村氏の持論が満載。『野村ノート』と合わせてぜひ読みたい、野村ファン、そして全野球ファン必読の、「学べる」日本プロ野球史。

著者紹介

野村 克也 (ノムラ カツヤ)  
1935年京都府生まれ。54年にテスト生で南海に入団。戦後初の三冠王に輝く。70年、選手兼監督に就任、ロッテ、西武でもプレーし、80年に四十五歳で現役引退。本塁打王九回、MVP五回などタイトル多数。90年よりヤクルト監督として日本一に三度導く。阪神、シダックス、楽天の監督も歴任。2020年2月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)