• 本

33歳の決断で有名企業500社を育てた渋沢栄一の折れない心をつくる33の教え

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-492-04663-0
4-492-04663-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

20代で何をすべきか。30代で何を決断すべきか。新1万円札の顔!渋沢栄一の夢の叶え方を悩みを抱える30代に向けて解説する現代版『論語と算盤』!

目次

第1章 未来への希望を持っているか(幸せになりたいなら夢を持て!―夢こそ、渋沢栄一が三度の挫折を乗り越えた原動力
いまの仕事が天命とは限らない―不安を抱えるよりも、与えられた人生を楽しんだほうがいい ほか)
第2章 現状に不満を持っているか(人生は現状に満足したときに終わる―不満を持つのは成功へのパスポートを持っているのと同じ
社会への怒りが道を切り開く―渋沢栄一も岩崎弥太郎も原動力は不条理への怒り ほか)
第3章 同じ志を持つ仲間はいるか(仲間が欲しければ信用を得ることを考えろ!―相手を信用するから、自分も信用してもらえる
知情意をバランス良く持った常識人になれ!―思いやりと意志が、あなたの信用を高める ほか)
第4章 運を自ら引き寄せているか(運も不運も自らの行動の結果である―天命とは違い、運命は自分の力で変えられる
自分を信じて機が熟すのを待て!―世の中には、思い通りに進まないことがたくさんある ほか)
第5章 君の夢は社会に役立つことか(多くの人に幸福を与えることを考えろ!―人の幸せにつながると信じていれば、苦しくてもがんばれる
お金をたくさん儲けて、たくさん使え!―お金が世の中を駆け巡ると、社会が元気になる ほか)

おすすめコメント

夢を実現させるために20代で何をすべきか、30代で何を決断すべきかを渋沢栄一の33の教えとして解説する現代版『論語と算盤』!

著者紹介

渋澤 健 (シブサワ ケン)  
「日本の資本主義の父」といわれる渋沢栄一の玄孫。シブサワ・アンド・カンパニー代表取締役、コモンズ投信取締役会長。国際関係の財団法人から米国でMBAを得て金融業界へ転身。外資系金融機関で金融市場の業務に携わり、米大手ヘッジファンドの日本代表を務める。2001年に独立。2007年にコモンズ(現コモンズ投信)を設立。今年で12期を迎える「論語と算盤」経営塾を主宰し、渋沢栄一の思想の現代意義を主なテーマとする講演活動・企業研修で全国を巡る。経済同友会幹事、UNDP(国連開発計画)SDG Impact Steering Committee Group委員、外務省SDGsの達成のための新たな資金を考える有識者懇談会座長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)