• 本

きものが着たい

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-109302-3
4-04-109302-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 219P 19cm

商品内容

要旨

きものに関心を抱いたとき、誰もがぶつかる悩みの数々。きものを日常着として着こなす著者が「その人なりに着ればいい」と背中を押してくれる、一歩踏み出すための応援エッセイ。

目次

1 着物の第一歩を応援したい
2 着物生活の後押し(実家に眠っていた着物の相談―Aさんの場合
着物箪笥の整理―Bさんの場合)
3 着られない理由(振袖と浴衣以外、わからない―Tさん 四十代前半
振袖だけは着ている―Uさん 三十代
レンタルで着たら楽しかった―Vさん 四十代・既婚
着付けは自分でできるようになった―Wさん 三十代前半・未婚
いただいた着物が大量にある―Xさん 四十代後半
祖母がすべてアレンジしてくれていた―Yさん 四十代
一度着物から気持ちが離れてしまった―Zさん 四十代・既婚)
4 着物と私
5 その人なりに楽しんで着ればいい

出版社・メーカーコメント

「着たいけど着られない」はもったいない! 着物入門のための応援エッセイ「自分で着られない」「どこに着ていくの」「間違いを指摘されたら恥ずかしい」――寄せられる悩みの数々にこたえ、その人なりのスタイルを応援する、実用リストも充実の群流きものエッセイ!

著者紹介

群 ようこ (ムレ ヨウコ)  
1954年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。数回の転職を経て、78年、本の雑誌社に入社。デビュー作『午前零時の玄米パン』が評判となって、作家専業に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)