• 本

短篇ベストコレクション 現代の小説 2020

徳間文庫 に15−20

出版社名 徳間書店
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-19-894566-4
4-19-894566-7
税込価格 1,276円
頁数・縦 741P 15cm
シリーズ名 短篇ベストコレクション

商品内容

要旨

言葉を武器にする。その代表格が小説家であり、政治家だろう。心の伴わない白々しい言葉の羅列でがっかりさせることの多い政治の世界に比べ、作家が如何に言葉と格闘しそこにどのような意味を込めようかと七転八倒しているか。本作を読めば一目瞭然だ。あらゆる人のあらゆる喜怒哀楽に寄り添える、小説の力は偉大だ。昨年度雑誌等に発表された作品群の中から選び抜かれた十五篇の力作。

出版社・メーカーコメント

2019年〜2020年に発表されたすべての短篇から日本文芸家協会編纂委員が選びに選び抜いた珠玉の15篇。ここに、この時代の世相がすべて詰まっている。阿川佐和子「カモメの子」井上荒野「緑の象のような山々」奥田英朗「ファイトクラブ」柿村将彦「みみずロケット」片瀬二郎「ミサイルマン」北原真理「くもなまえ」今野敏「密行」桜木紫乃「春雷」佐々木愛「夜の子」佐々木譲「遭難者」瀧羽麻子「本部長の馬鈴薯」田中兆子「若女将になりたい!」馳星周「娼婦と犬」村田沙耶香「変容」柚木麻子「エルゴと不倫鮨」