• 本

政界ヤクザ

角川文庫 い94−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-109406-8
4-04-109406-2
税込価格 814円
頁数・縦 247P 15cm

商品内容

要旨

日本の戦後政治、それはフィクサーや大物右翼、総会屋など黒い紳士とのつながりの歴史でもある。ある者は戦中戦後の混迷期に暗躍して政財界に君臨し、ある者はGHQや北朝鮮との橋渡しをして利権をむさぼり巨額の富を得た。つかず離れず彼らと関係をなし、ときに政治生命を断たれるにもかかわらず続いた「政界と闇社会の黒い蜜月」とはいかなるものだったのか?「桜を見る会」にも表れたそのズブズブの構造を明らかにする。

目次

序章 安倍首相が隠したかった黒い紳士
第1章 政界ヤクザの系譜
第2章 バブルを泳いだ総会屋の生態
第3章 原点は満州・上海人脈にあり
第4章 海外から襲来した仁義なき戦い
第5章 政界のドンが転落
第6章 最後のフィクサーと新しい勢力

出版社・メーカーコメント

フィクサー、反社、暗黒人脈 戦後日本は彼らに 食い物にされた!日本の戦後政治、それはフィクサーや大物右翼、総会屋など黒い人脈とのつながりの歴史でもある。ある者は戦中の混迷期に暗躍して政財界に君臨し、ある者はアメリカや北朝鮮との橋渡しをして利権をむさぼり巨額の富を得た。つかず離れず彼らと関係をなし、ときに政治生命を断たれるにも関わらず続いてきた「裏社会との黒い蜜月」とはいかなるものだったのか? 「桜を見る会」にも表れたそのズブズブの構造を明らかにする。

著者紹介

一橋 文哉 (イチハシ フミヤ)  
東京都生まれ。早稲田大学卒業後、全国紙・雑誌記者を経てフリージャーナリスト。本名など身元に関する個人情報はすべて非公開。1995年、「ドキュメント『かい人21面相』の正体」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)