• 本

宮廷神官物語 11

角川文庫 え9−27

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-109126-5
4-04-109126-8
税込価格 660円
頁数・縦 261P 15cm
シリーズ名 宮廷神官物語

商品内容

要旨

幼い頃に生き別れた弟、葉寧。その恋人を救い出した鶏冠だが、落馬して頭を打ってしまう。一方天青は、宿敵となった苑遊の陰謀を阻むため、危険を承知の旅に出ていた。ようやく重要な証拠を手にし、宮中へ戻った天青を待っていたのは、天青の顔すら思い出せない鶏冠だった。鶏冠の記憶を取り戻したい天青だが、そのためには苑遊の協力が必須と知る。混乱の中、大神官選定の日は刻々と近づき…。鶏冠の記憶は、陰謀の結末は!?

出版社・メーカーコメント

鶏冠の記憶は、陰謀の結末は!? どきどきの展開に、感動が止まらない!幼い頃に生き別れた弟、葉寧。 その恋人を救い出した鶏冠だが、 落馬して記憶を失ってしまう。一 方、宿敵となった苑遊の陰謀を阻むため旅に出ていた天青だが、王都に戻り目にしたのは残酷な現実で……。