• 本

宇宙と素粒子

角川ソフィア文庫 L−500−16 千夜千冊エディション

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-400506-1
4-04-400506-0
税込価格 1,606円
頁数・縦 474P 15cm

商品内容

要旨

万物はスピンする。物質・時間・エントロピーの正体。

目次

第1章 天体のめざめ(ガリレオ・ガリレイ『星界の報告』
ヨハネス・ケプラー『宇宙の神秘』 ほか)
第2章 時間・エントロピー・ゆらぎ(リチャード・モリス『時間の矢』
ピーター・W・アトキンス『エントロピーと秩序』 ほか)
第3章 宇宙を物理する(池内了『物理学と神』
佐藤勝彦『宇宙137億年の歴史』 ほか)
第4章 千一夜目の宇宙論(ブライアン・グリーン『エレガントな宇宙』)
第5章 素粒子と量子(ヤン・チェンニン(楊振寧)『素粒子の発見』
ヴェルナー・ハイゼンベルク『部分と全体』 ほか)

出版社・メーカーコメント

極大の宇宙から極小の素粒子まで。天才科学者たちの発想と思考の秘密に迫る松岡正剛が五十年にわたって読んできた科学書の中から宇宙論と素粒子論をめぐる代表的な本を厳選。ガリレオ、ケプラー、ハッブルから始まって、いったん時間の矢とエントロピーにこだわり、そこから著者が絶大な影響をうけたヘルマン・ワイルの展望台に立って、一三七億年の宇宙史を相対性理論やインフレーション理論やダークマターの謎でかいつまむ。最後はパリティの問題、部分と全体の関係の問題、ゲージ理論、ヒッグス粒子など量子力学の頭目たちの代表作が並ぶ。もやもやとしたランダムなものがなにか1つをきっかけに動き始める。何が先にあって何が後からくるのか。ゆらぎ、ゆがみ、構造、秩序、時間。この先、どうなるかわからない宇宙像に思いを馳せる。

著者紹介

松岡 正剛 (マツオカ セイゴウ)  
編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。自然科学、情報文化、システム工学など多方面におよぶ研究し応用する編集工学を確立。1979年、広大な宇宙の歴史を一冊に編み込んだ『全宇宙誌』(造本:杉浦康平)を編集制作。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)