• 本

琥珀の夢 小説鳥井信治郎 下

集英社文庫 い35−10

出版社名 集英社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-08-744122-2
4-08-744122-9
税込価格 880円
頁数・縦 405P 16cm
シリーズ名 琥珀の夢

商品内容

要旨

鳥井信治郎、二十歳。鳥井商店を開業し、赤玉ポートワインをついに完成させた。斬新な広告戦略で攻勢に出ていくなか、関東大震災が起き…周囲の反対のなか、それでも日本初のウイスキー造りに腐心し、サントリー角瓶で念願の成功を収める。信治郎が追い続けた“琥珀”とは、ウイスキーでありビールであった。「やってみなはれ」の精神でサントリーを国際企業に成長させた創業者の物語。

出版社・メーカーコメント

「やってみなはれ」の精神で洋酒に命を捧げた男。サントリー創業者・鳥井信治郎の商魂【ジャパニーズウイスキー編】信治郎、二十歳の春、鳥井商店を開業。明治39年、屋号を寿屋洋酒店に変更、日々葡萄酒の味の研究に勤しむ中、赤玉ポートワインが完成する。ライバルは東京、神谷伝兵衛の蜂印葡萄酒。宣伝の重要性を知っていた信治郎は、新聞広告、赤玉楽劇座、ヌードポスターと攻勢に出た。国産ウイスキー造りは周囲からは猛反対にあっていた。そんな時、関東大震災が起きる。瓦礫と化した東京を見て、信治郎は誓う。「わてが日本をええ国にするんや。ウイスキーを作ってみせる」。竹鶴政孝を雇い、莫大な借金をして山崎蒸溜所を建設する――。

著者紹介

伊集院 静 (イジュウイン シズカ)  
1950年2月山口県生まれ。立教大学文学部卒業。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞を受賞。16年に紫綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)