• 本

これでいいのか福井県

地域批評シリーズ 48

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-86716-021-3
4-86716-021-0
税込価格 1,078円
頁数・縦 319P 15cm

商品内容

要旨

魅力度ランキングで福井県は下位グループ常連である。だが、そんなこともあまり知られていないくらい福井県はマイナーな存在だ。しかしイマイチな県では断じてない。第2次産業が盛んでニッチな特産品も多い一大工業県だが、何といっても国内屈指の幸福県である。県民は男女共に仕事と教育への意欲が高く、それに応じた労働・教育・生活環境が整っており、県内には住みよいとされる街も多い。実にハイ・ポテンシャルなのだ。さらに未来の展望もある。今後、北陸新幹線が延伸開業すれば、福井県への人の応来が活発になり、県内は活気づくかもしれない。しかし、それは本当に福井県のためになるのだろうか?陸の孤島のままの方がよかったのでは?本書では、福井県の歴史や特徴を踏まえ、現在の問題点や将来を論じていく!

目次

第1章 福井県ってどんなトコ?
第2章 出る杭が打たれる!?福井県の歴史
第3章 福井県民ってどんなヒト?
第4章 保守と進取がせめぎ合う県都・福井市&丹南地域
第5章 合併と観光で大ワラワの旧坂井郡と奥越
第6章 嶺南一帯にどんよりと漂う沈滞ムード
第7章 福井県は変わるべきか?変わらざるべきか?

著者紹介

鈴木 ユータ (スズキ ユータ)  
1982年、千葉県木更津市生まれ。全国各地を巡る実地取材系ライター
岡島 慎二 (オカジマ シンジ)  
1968年、茨城県土浦市生まれ。全国各地を飛び回り、地域問題をえぐり出し、一石を投じるライター兼編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)