• 本

銭形平次捕物控傑作集 6

決死冒険篇

双葉文庫 の−09−06

出版社名 双葉社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-575-67003-5
4-575-67003-0
税込価格 726円
頁数・縦 260P 15cm
シリーズ名 銭形平次捕物控傑作集

商品内容

要旨

物腰から背恰好、声の調子まで銭形平次にそっくりの押し込み強盗が江戸市中を荒らし回っていた。疑いの目を向けられながらも、真相究明に奔走する平次親分と八五郎。やがて二人の許に偽平次に繋がる手掛かりがもたらされる―。明晰な頭脳と投げ銭で巨悪に立ち向かう平次親分の活躍がここに蘇る!昔も今も何度読んでも面白い、名作シリーズのテーマ別傑作集第6弾。

おすすめコメント

野村胡堂の不朽の名作『銭形平次捕物控』。江戸中を荒らし回る強盗の正体は銭形平次という噂が持ち上がる。背格好ばかりか銭まで投げてみせる強盗の正体を暴くべく、平次親分とガラッ八こと八五郎が事の真相を探りはじめるが……。昔も今も何度読んでも面白い、名作シリーズのテーマ別傑作集第6弾。

著者紹介

野村 胡堂 (ノムラ コドウ)  
1882年(明治15年)、岩手県紫波郡生まれ。東京帝国大学法科大学を中退後、報知新聞社に入社。1931年、「オール讀物」創刊号に『銭形平次捕物控』の第一作目を執筆。以降、このシリーズは1957年まで383編もの作品が生み出された。同シリーズは何度も映画化やテレビドラマ化され、国民的な人気を博す。また“あらえびす”の筆名で、音楽評論も行っていた。1963年(昭和38年)没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)