• 本

こころがほっとするアドバイス

出版社名 1万年堂出版
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-86626-057-0
4-86626-057-2
税込価格 1,485円
頁数・縦 229P 19cm

商品内容

要旨

「命より大切なものってあるの?」先の見えない今だからこそ考えたい。Dr.明橋の悩みがスーッと消える言葉のくすり。

目次

第1章 春のこころ(人間関係がうまくいかず、最近とても疲れています「相手を変えようとして、否定のメッセージを送っていませんか?」
敏感で生きづらい私が、楽に生きられるコツはありますか?「敏感で傷ついた心は、いつでも育て直すことができます」 ほか)
第2章 夏のこころ(言わないと動いてくれない夫に、私がパンクしてしまいそうです「忙しいときこそ、お互いが楽になれる方法を知っておきましょう」
学校で気をつかいすぎる分、親にはひどい八つ当たりをします「発散できるのは、それだけ家が安心できる場所だということです」 ほか)
第3章 秋のこころ(怒りをコントロールする方法はありますか「イライラしてしまう原因は何か。意外と自分でわかっていないことがあります」
休み時間になると、悪口や陰口ばかりの職場が嫌でたまりません「悪口は、言った人に必ず返ってくるものです」 ほか)
第4章 冬のこころ(アダルトチルドレンで、シングルマザーの私。子育てで気をつけることは?「大切なのは依存しないことではなく、いろいろなところに依存できることです」
毎晩、嫌な記憶に苦しむ娘をどうしたら救えるでしょうか「フタをしていたつらい思いは、出つくしたときに楽になります」 ほか)

著者紹介

明橋 大二 (アケハシ ダイジ)  
昭和34年、大阪府生まれ。心療内科医。京都大学医学部卒業。国立京都病院内科、名古屋大学医学部附属病院精神科、愛知県立城山病院をへて、真生会富山病院心療内科部長。NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザー、一般社団法人HAT共同代表。著書多数。現在は、全国で「認定子育てハッピーアドバイザー養成講座」を開講し、支援者育成に当たっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)