• 本

投票権をわれらに 選挙制度をめぐるアメリカの新たな闘い

出版社名 白水社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-560-09764-9
4-560-09764-X
税込価格 4,180円
頁数・縦 425,38P 20cm

商品内容

要旨

油断したら投票権すら奪われる。そんな「民主主義国家・法治国家」アメリカの実相を描いた驚愕のノンフィクション!全米批評家協会賞最終候補作。

目次

第1章 第二次奴隷解放
第2章 第二次南部再建
第3章 南部戦略
第4章 綿を摘む手
第5章 反革命その1
第6章 コンセンサスの揺らぎ
第7章 再編成
第8章 反革命その2
第9章 瓶を変えても毒は毒
第10章 シェルビー判決の後に

おすすめコメント

油断したら投票権すら奪われる――そんな「民主主義国家・法治国家」アメリカの実相を描いた驚愕のノンフィクション

著者紹介

バーマン,アリ (バーマン,アリ)   Berman,Ari
米国のジャーナリスト、コメンテーター。1983年ニューヨーク生まれ。ノースウェスタン大学卒業。『マザー・ジョーンズ』のシニアレポーターや『ネイション』のシニアライターを務める。アメリカ政治、選挙権、公民権運動など幅広い分野で活躍。『ニューヨーク・タイムズ』『ローリング・ストーン』『ガーディアン』などに寄稿するほか、ゲスト・コメンテーターとしてMSNBCやNPRにも頻繁に登場している。2017年、独立系メディアのすぐれた功績に対して授与されるIzzy Awardを受賞
秋元 由紀 (アキモト ユキ)  
米国弁護士。ジョージ・ワシントン大学ロースクール修了。訳書タンミンウー『ビルマ・ハイウェイ』で第26回アジア・太平洋賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)