• 本

AV女優の家族

光文社新書 1073

出版社名 光文社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-334-04480-0
4-334-04480-8
税込価格 880円
頁数・縦 228P 18cm

商品内容

要旨

アイドル視され、今や憧れの職業にすらなりつつある一方、いまだに偏見も残るAV女優という生き方。そんなAV業界で最大のタブーが「家族」の話である。親にAV出演をどう伝えたのか、家族関係に変化は生じたのか、親戚にはいつ「身バレ」したのか、兄弟姉妹はどう思っているのか、子供には将来、自分の仕事を明かすのか―?これまで誰も足を踏み入れてこなかった「家族」にまつわるエピソードを、様々な立場の女優たちが赤裸々に語る。そこにあるのは、他人に何と言われようとブレない信念と同時に「家族からは認められたい」という切実な思いだった。

目次

1 白石茉莉奈
2 優月心菜
3 板垣あずさ
4 江上しほ
5 出てこい中平くん2号
6 当真ゆき・つむぎ

おすすめコメント

今やあこがれの職業にすらなりつつある「AV女優」。だが、いまだに偏見は残っているのが現実だ。そんなAV業界で最大のタブーが「家族」の話である。これまで誰も触れてこなかった「家族」にまつわるエピソードを、様々な立場の女優が赤裸々に語る。そこには、AV女優ならではの事情がありつつも、それぞれの「絆」のかたちが――。

著者紹介

寺井 広樹 (テライ ヒロキ)  
文筆家。1980年、神戸市生まれ。文筆業のかたわら、地方創生事業に進出し、企画プロデュースした銚子電鉄「お化け屋敷電車」「まずい棒」が話題に。ドキュメンタリー映画『伝説の怪奇漫画家・日野日出志』の監督・撮影を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)