• 本

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 4

富士見ファンタジア文庫 つ−4−1−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-073648-8
4-04-073648-6
税込価格 737円
頁数・縦 350P 15cm
シリーズ名 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

黒の組織の襲撃を退け、剣王祭の代表として参戦することになったアレン。強豪校をも圧倒する活躍を見せるが、自身の奥底から湧き上がる、得体の知れぬ力に戸惑いを隠せなかった。激闘が一段落し、次なるイベントは千刃学院の文化行事『千刃祭』。コスプレ喫茶やお化け屋敷でリアたちと束の間の休息を過ごす中、黒の組織の学院侵攻が、祭りの空気を一変させる。宿敵・ドドリエル、そして国家戦力級の剣士・フー。彼等の力の前に、アレンが死の淵に近づいたその時―「ぎゃははは!やっぱり外の空気はうめぇなぁ…えぇ?」内なる最凶の怪物が、世界に降誕する―!!

おすすめコメント

剣王祭、開幕。そして――剣術学院による対抗戦「剣王祭」。千刃学院のエースとして出場を決めたアレンは、圧倒的な力で連戦連勝を続けていく。しかしその裏では、世界を取り巻く陰謀が徐々に動き始めていて――

著者紹介

月島 秀一 (ツキシマ シュウイチ)  
小説家になろうで活動中のライトノベル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)