• 本

わが家は幽世の貸本屋さん 〔3〕

黒猫の親友と宝石の涙

ことのは文庫

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-86716-022-0
4-86716-022-9
税込価格 770円
頁数・縦 319P 15cm
シリーズ名 わが家は幽世の貸本屋さん

商品内容

要旨

人でありながら幽世で貸本屋を営む夏織は、ある日、隣家の鬼女・お豊が出産間近なことを知る。その姿に「生みの親」への思慕の念を抱いた夏織は育ての親・東雲との生活に不満を感じた自分に落ち込んでしまうが、それを見かねた黒猫であやかしの“にゃあ”からある提案を受ける。「覚悟があるなら話してあげる。現し世であたしが知った、すべて」…それは夏織も初めて知る、母・秋穂と“にゃあ”の、ある約束の物語だった―!怖いけどどこか憎めないあやかしたちを、情感溢れる筆致で書き綴る感涙の最新刊!!

出版社・メーカーコメント

"ねえ、夏織。今は幸せ―?夏織の幽世の始まりが明らかに-。大人気あやかしファンタジー最新巻!人でありながら幽世で貸本屋を営む夏織は、ある日、隣家の鬼女・お豊が出産間近なことを知る。その姿に「生みの親」への思慕の念を抱いた夏織は育ての親・東雲との生活に不満を感じた自分に落ち込んでしまうが、それを見かねた黒猫であやかしの“にゃあ""からある提案を受ける。「覚悟があるなら話してあげる。現世であたしが知った、すべて」……それは夏織も初めて知る、母・秋穂と“にゃあ"" の、ある約束の物語だった―!怖いけどどこか憎めないあやかしたちを、情感溢れる筆致で書き綴る感涙の最新刊! !"

著者紹介

忍丸 (シノブマル)  
シナリオライターの仕事の傍ら、WEB小説を執筆。『異世界おもてなしご飯』(カドカワBOOK)で書籍化デビュー。人情味あふれる人間関係や「食」について書くのを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)