• 本

幽霊を創出したのは誰か?

講談社タイガ モA−14

出版社名 講談社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-06-519483-6
4-06-519483-0
税込価格 792円
頁数・縦 286P 15cm

商品内容

要旨

触れ合うことも、声を聞くことも、姿を見ることすら出来ない男女の亡霊。許されぬ恋を悲観して心中した二人は、今なお互いを求めて、小高い丘の上にある古い城跡を彷徨っているという。城跡で言い伝えの幽霊を思わせる男女と遭遇したグアトとロジの許を、幽霊になった男性の弟だという老人が訪ねてきた。彼は、兄・ロベルトが、生存している可能性を探っているというのだが。

おすすめコメント

グアトとロジが城跡で遭遇した男女は、噂の幽霊なのか? 目撃された男性の弟という老人は、兄がまだ生きているのではと言うのだが。

著者紹介

森 博嗣 (モリ ヒロシ)  
工学博士。1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)