• 本

公認心理師の基礎と実践 22

精神疾患とその治療

出版社名 遠見書房
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-86616-072-6
4-86616-072-1
税込価格 3,080円
頁数・縦 276P 21cm
シリーズ名 公認心理師の基礎と実践

商品内容

要旨

公認心理師は心の支援の専門家であるがゆえに、精神医学領域は最大の学際領域であり、広く深く知る必要があります。この本は、多くの精神医学者、精神科医らによるもので、現実の臨床感覚のなかで練られた知見をまとめたものです。精神医学にかかわる主な疾患と精神科アプローチを総合的に学べます。

目次

第1部 精神医学概説(精神医学の歴史的展望
精神医学診断体系)
第2部 精神疾患とその治療(統合失調症
気分症群“気分障害”
不安症“不安障害”
アルコール・薬物依存・ネット依存
パーソナリティ症“パーソナリティ障害”
摂食症群“摂食障害”
神経発達症群(発達障害)
神経認知障害群“認知症とその周辺”
社会的ひきこもり)
第3部 精神疾患の治療システムとその背景(薬物療法
精神療法(心理療法)
社会療法―社会資源の活用とケアマネジメント・精神科リハビリテーション
予防と早期介入(メンタルヘルス・ファーストエイド)
外来治療
入院治療
多職種連携・リエゾン)

著者紹介

野島 一彦 (ノジマ カズヒコ)  
1947年生まれ。跡見学園女子大学教授、九州大学名誉教授、臨床心理士。1975年、九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後退学、1998年、博士(教育心理学)
繁桝 算男 (シゲマス カズオ)  
1946年生まれ。東京大学名誉教授、慶應義塾大学訪問教授。1974年、アイオワ大学大学院修了(Ph.D.)
加藤 隆弘 (カトウ タカヒロ)  
九州大学大学院医学研究院精神病態医学講師、精神科医。鹿児島県出身。2000年九州大学医学部卒、九州大学病院、牧病院、鮫島病院で精神科研修後、2005年精神分析訓練と精神免疫学研究を開始。2008年日本学術振興会特別研究員、2011年米国ジョンズホプキンス大学精神科留学、2013年九州大学レドックスナビ研究拠点特任准教授を経て、2017年より現職。専門は精神分析、集団精神療法、精神免疫学、ひきこもり
神庭 重信 (カンバ シゲノブ)  
九州大学名誉教授。精神科医、医学博士。福岡県出身。1980年慶應義塾大学医学部卒、米国メイヨー・クリニックで精神薬理学フェローと精神科レジデントとして精神医学を学び、同講師、帰国後慶應義塾大学医学部講師をへて、1996年山梨大学教授(精神神経医学)。2004年九州大学大学院医学研究院教授(精神病態医学)。2019年より九州大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)