• 本

金閣を焼かなければならぬ 林養賢と三島由紀夫

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-309-25413-5
4-309-25413-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 223P 20cm

商品内容

文学賞情報

2020年 第47回 大佛次郎賞受賞

要旨

今から70年前、ひとりの青年僧が金閣に火を放った。その理由を問われた男は「美への嫉妬」とつぶやいたという。いや、この「行為」はそういうものなどではない。彼・林養賢に何があったのか。三島由紀夫は、期せずして、その真理を作品の中に描き出した。狂気に秘められた真相を追究・分析するノンフィクション。

目次

プロローグ 金閣焼亡
第1章 動機はあとから造られる
第2章 零度の狂気
第3章 他者の影
第4章 焼かなければならぬ
第5章 離隔
第6章 邂逅―小説『金閣寺』
第7章 ナルシシズムの球体
第8章 生きようと私は思った
エピローグ まつろわぬ者たちへ

おすすめコメント

金閣寺の放火僧・林養賢。当時、その動機を「美への嫉妬」などと語ったが、けっして一元化できない。三島の『金閣寺』も援用しながら、分裂病発症直前の、動機を超えた人間の実存を追う。

著者紹介

内海 健 (ウツミ タケシ)  
1955年、東京都生まれ。精神科医、専攻は精神病理学。1979年、東京大学医学部卒業。東大分院神経科、帝京大学精神神経科学教室を経て、東京藝術大学教授・保健管理センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)