• 本

批判的思考力を育てる学校図書館 付:図書館利用記録とプライバシー

出版社名 青弓社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-7872-0073-0
4-7872-0073-9
税込価格 2,640円
頁数・縦 238P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

子どもの成長・発達を日常的に支える教育環境であり学校社会のセーフティネットでもある学校図書館を使って批判的な思考力を身に付ける重要性を示す。さらに、図書館は捜査機関からの利用記録の照会にどう対応するべきか、利用記録のプライバシー性をめぐる論考を付ける。

目次

第1章 「あたりまえのことが曲者だよ」、コペル君―批判的思考力を育てる学校図書館(『君たちはどう生きるか』
「自ら考え自ら判断する」 ほか)
第2章 子どもを育てる読書の「力」―読書は子どもの「栄養素」(読書は成長への「螺旋階段」
読書の最大の魅力、それは「楽しみ」 ほか)
第3章 「健全な教養」って何だろう―学校図書館法第二条の「健全な教養」概念を考える(「学校図書館法の目的」規定
「教養の向上」―学校図書館法の提案理由 ほか)
第4章 図書館利用記録とプライバシー―刑事訴訟法第百九十七条第二項に関連して(図書館利用記録の捜査機関への提供
「捜査関係事項照会書」と図書館の貸出記録 ほか)

おすすめコメント

学校図書館とは子どもの成長・発達の権利を日常的に支える教育環境である。同時に、すべての子どもが、学校図書館を利用することで平等に情報(学習材、読書材)を入手し、豊かな学びと育ちを保障する学校社会の「セーフティネット」である。本書では、現在の教育課題である「批判的思考力」を児童・生徒はどのようにして身に付けるのかを解説し、学校図書館法にある「健全な教養」概念を、大正教養主義にまでさかのぼって検討して「教養」の重要性を示す。そのうえで、学校図書館が「教養」の形成にどのように役立つのかを解説する。

著者紹介

渡邊 重夫 (ワタナベ シゲオ)  
北海道学芸大学(現・北海道教育大学)札幌校卒業。藤女子大学教授を経て、現在は全国SLA学校図書館スーパーバイザー。日本図書館情報学会会員、日本図書館研究会会員。学校図書館賞受賞(2019年、全国学校図書館協議会)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)