• 本

これやこの サンキュータツオ随筆集

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-04-400550-4
4-04-400550-8
税込価格 1,540円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

名作や名演は、それを作った人が亡くなってしまっても、その作品と心は世の人々の間で生き続ける―。

目次

これやこの
月曜15時
ツインの老人
黒い店
スエコおばさん
幕を上げる背中
バラバラ
鶴とオルガン
八朔
拝啓 ジョディ・フォスターさま
時計の針
蝿の足音
明治の男と大正の女
みやばやし
空を見ていた
シーチキン球場
鈍色の夏

おすすめコメント

「記憶を語り継ぐことだけが、師匠たちを死なせない唯一の方法だ――」サンキュータツオ初めての随筆集。もちろん寂しい、もちろん哀しい、でもそれだけじゃない。 幼少時代から現代までの「別れ」を綴る18篇。

著者紹介

サンキュータツオ (サンキュータツオ)  
1976年東京生まれ。漫才師「米粒写経」として活躍する一方、一橋大学・早稲田大学・成城大学で非常勤講師もつとめる。早稲田大学第一文学部卒業後、早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士後期課程修了。文学修士。日本初の学者芸人。ラジオのレギュラー出演のほか、雑誌連載も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)