• 本

ベルリン1945 はじめての春 下

岩波少年文庫 626

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-00-114626-4
4-00-114626-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 362P 18cm
シリーズ名 ベルリン1945

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ナチの支配が終わり、ソ連軍の占領がはじまった。生きのびた人びとは人生を立て直そうとするが、街にも人の心にも深い傷が残され…。敗戦とその後の混乱を12歳のエンネの目線でつづり、それぞれの人生の変転を描く。3部作完結編。中学以上。

おすすめコメント

繰り返される空襲とその後の市街戦により、街は容赦なく破壊された。生き残った人びとは新しい生き方を模索するが、長く続いたナチの支配と戦争は、街にも人の心にも深い傷を残しており……。ドイツの敗戦とその後の混乱を、ナチ体制下で育った少女エンネの目線でつづり、それぞれの人生の変転を描く。大河群像劇完結編。

著者紹介

コルドン,クラウス (コルドン,クラウス)   Kordon,Klaus
1943‐。ドイツの作家。ベルリン生まれ。東西ドイツの分裂後は、旧東ドイツの東ベルリンに育つ。さまざまな職業を経たのち、貿易商社につとめ、インド、インドネシア、北アフリカを訪れる。1972年、西側への逃亡に失敗し、1年間拘留される。独居房での5か月を、頭のなかで小説を書くことで生きのびたという。西ドイツ政府によって73年に釈放されると、その後、西ベルリンに移住した。1977年にインドネシアを舞台とする『タダキ』でデビュー。評伝『ケストナー ナチスに抵抗し続けた作家』でドイツ児童文学賞受賞。『ベルリン1933 壁を背にして』で、銀の石筆賞受賞
酒寄 進一 (サカヨリ シンイチ)  
1958年生まれ。翻訳家。和光大学教授。上智大学を卒業後、ケルン大学、ミュンスター大学に学ぶ。ドイツの児童文学やファンタジー、ミステリなど幅広い作品の紹介を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)