• 本

ハッキリものを言って嫌われる人、好かれる人の伝え方

出版社名 クロスメディア・パブリッシング
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-295-40424-8
4-295-40424-1
税込価格 1,518円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

「言わなければよかった…」後悔しないための言葉の選び方とは?注意する、断る、お願いする…嫌みなく伝えるコツは主語を「相手」から「私」に変えること。

目次

1章 ハッキリものを言うにはちょっとしたコツがある(口ベタで引っ込み思案だった
言いたいけれど嫌われたくない ほか)
2章 嫌われる好かれる「怒り」の伝え方(怒ったら嫌われる?いえ、怒ることは優しさです
怒ることに慣れていない人は、「期間」を決めて怒りましょう! ほか)
3章 嫌われる好かれる「注意する」ときの伝え方(エールを送る気持ちでしっかり注意するのです
「ふつう〜」と「あのとき〜」は言ってはいけません ほか)
4章 嫌われる好かれる「断る」ときの伝え方(ハッキリ断らないと、ドツボにはまります
断ったのに、なぜか好感度が上がる魔法の言葉 ほか)
5章 嫌われる好かれる「お願いする」ときの伝え方(人に頼られると人はうれしいものです
お願いの「仕方」より「タイミング」が大事です ほか)

著者紹介

野々村 友紀子 (ノノムラ ユキコ)  
1974年大阪府生まれ。2丁拳銃、修士の嫁。芸人として活動後、放送作家へ転身。現在はバラエティ番組の企画構成に加え、吉本総合芸能学園(NSC)東京校の講師、アニメやゲームのシナリオ制作をするなど多方面で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)