• 本

ひざのねじれをとれば、ひざ痛は治る 1日5分から始める超簡単ひざトレーニング

出版社名 方丈社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-908925-64-1
4-908925-64-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 135P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

おうちで簡単にできる!みんな勘違いしている!ひざ痛の原因は軟骨じゃなくて「ねじれ」がほとんど!ガムテープ数枚などの簡単グッズで、ひざの痛みがとれます。

目次

1 「ねじれひざ」が痛みを起こす!(ここが痛ければ「ねじれひざ」の可能性大
痛みの原因になる「ねじれ」とは?)
2 自分で見立てる「ねじれ」プラスα(ねじれを見立てる
プラスαのチェックで状態を知る
自力でひざ見立て「結果のまとめ」 ほか)
3 さっそうと歩けるひざをとり戻すひざトレ(自力で「ねじれひざの補正」)
4 ひざを守る日々の暮らし方(ひざのための太もも強化術
さっそうと歩くこつ
ひざを守る呼吸をマスター ほか)

おすすめコメント

本書は加齢などが原因でひざの痛みを感じ始めた人を対象とします。(中度以上は主治医の指示で保存療法や手術の対象となります。本書の情報の中に「試してみたいこと」がある場合は主治医に相談した上で、指示に従って行ってもらうよう「はじめに」で注意喚起します)。軽度の変形性膝関節症またはその手前の人に、加齢や生活で傷めたひざをセルフケアする方法を指南。暮らし方の見直しやひざを支える筋力アップなど、重症化予防のトレーニングを紹介します。

著者紹介

土屋 元明 (ツチヤ ゲンメイ)  
動きのこだわりテーション(神奈川県鎌倉市)代表。理学療法士、呼吸療法認定士、日本メディカルフィットネス研究会常任理事(2017〜2020)、Orthomolecular Nutrition Professional、Spine Dynamics療法セラピスト(マイスター)、ロコモ予防運動指導士兼講師など。急性期医療から在宅医療まで、あらゆる世代の理学療法に10年以上携わり、2016年に独立。現在は加齢や運動不足による身体機能の低下を予防し、健康寿命を延伸するセルフケアの普及に努めている。また施術だけでなく、研究発表やセミナー講師、予防教室なども積極的に行い、体の変化を自分自身で気づきながら行動する重要性と、そのノウハウを伝える活動もおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)